バターコーヒー

バターコーヒーとは!ダイエット方法で話題に、その効果とは!

バターコーヒーとは

 

みなさん、バターコーヒーをご存知でしょうか?海外で話題となり、日本でもジワジワと人気が拡大しています。

 

バターコーヒーとは、その名の通りコーヒーにバターを入れたものです。

 

はじめは、コーヒーにバターを入れるなんて油っぽくなりそう、太りそう、美味しくなさそう…と思ってしまいました。

 

そもそも、どうしてバターを入れてコーヒーを飲むの?と疑問に思っていました。

 

しかし、バターコーヒーの美味しさ、そして驚くべき効果を知るうちに、すっかりバターコーヒーに魅せられてしまいました。

 

本当にすごいコーヒーなのです。毎日を元気に過ごしたい方、美しくなりたい方、そして美味しいコーヒーを楽しみたい方におすすめしたいコーヒーです。

 

その魅力を詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

バターコーヒーとは?

 

バターコーヒーとは?

 

バターコーヒーとは、バターを入れたコーヒーのことです。海外でブームとなり日本でも人気が広がっています。

 

それならば、試しにいつものコーヒーに、冷蔵庫にあるバターを入れて作ってみようかな?

 

と思う方もいるかもしれませんが、残念ながらそれではバターコーヒーにはなりません。

 

バターコーヒーを作るためには、コーヒーは普通のもので良いのですが、グラスフェッドバターという特別なバターが必要になります。

 

グラスフェッドバターとは、放牧されて、牧草だけを食べて育った牛のミルクから作られる無塩バターです。

 

さらにMCTオイルを入れたものが、バターコーヒーになるのです。

 

バターやオイルを入れて油っぽいコーヒーになりそうな感じがしますが、ベタベタ感はありません。

 

クリーミーでとても美味しいコーヒーです。

 

そしてバターコーヒーの魅力は美味しさだけではありません。

 

コーヒー+グラスフェッドバター+MCTオイルの働きにより、ダイエット効果や集中力、記憶力を高める効果を得られるのです。

 

毎朝バターコーヒーを飲むことで、美しく、元気になれるスペシャルコーヒーなのですね。

 

 

バターコーヒーはどんな人におすすめ?

 

バターコーヒーはどんな人におすすめ

 

いつものコーヒーをバターコーヒーに変えることで嬉しい効果を得ている方が増えています。

 

具体的にどんな方におすすめのコーヒーなのでしょうか。

 

  • 食生活が乱れがちである
  • 運動してもなかなか痩せない
  • 朝食を簡単に済ませたい
  • 朝スッキリしない
  • 午前中の仕事をパワフルにこなしたい
  • 間食をしてしまう
  • 無理なダイエットは長続きしない

 

このような方は、バターコーヒーがおすすめです。

 

栄養バランスやカロリーを考えて、ダイエット食用の朝食を作るのはとても大変です。

 

バターコーヒーなら、面倒な朝食の代わりに1杯飲むだけでOKという気軽さが魅力です。

 

また、朝食を普通のコーヒーだけで済ませてしまう方もいると思います。しかし、コーヒーだけだと昼食までお腹がすいてしまい、間食をしてしまう方も多いでしょう。

 

バターコーヒーの良質なバターとオイルには満腹感を得られる効果があるので、間食してしまう習慣がなくなるのです。

 

これらの効果により、バターコーヒーを続けることで、いつのまにか軽やかな体になれるというわけですね。

 

無理なく美味しくダイエットができてしまう嬉しいコーヒーですね。

 

さらに、バターコーヒーには集中力や記憶力を高める効果があります。

 

朝飲むことで、頭が冴えてパワフルになれるという効果も期待できるのです。

 

午前中の仕事や家事を快活にできるというメリットもあるのですね。

 

 

バターコーヒーはどうしてできたの?

 

バターコーヒーはどうしてできたの

 

バターコーヒーは、いつ、どうしてできたものなのでしょうか。

 

バターコーヒーは、実はシリコンバレーのある起業家が考案したものなのです。

 

バターコーヒーの考案者デイヴ・アスプリーさんは、IT業界の先駆けとして大成功を収めた方です。

 

しかし、忙しすぎる毎日のため食生活が乱れてしまい、肥満と体調不良に悩まされるようになってしまったのです。

 

そこで軽やかな体に戻すためにあらゆるダイエット方法を試す中でたどり着いたのがバターコーヒーだったのです。

 

きっかけは2004年にチベットを訪れた時に飲んだバター茶でした。

 

試行錯誤を繰り返す中で、グラスフェッドバターとMCTオイルをコーヒーに混ぜることで最強コーヒーが完成したのです。

 

デイヴ・アスプリーさんは、140kg体重から、なんとマイナス50kgも減量したのです。

 

このバターコーヒーの魅力は、デイヴ・アスプリーさんの全米ベストセラー「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」で紹介されて、世界中に広まることになりました。

 

バターコーヒーは、一人の肥満に悩む男性の努力と熱意から誕生したダイエット方法なのですね。

 

それが世界中に広まるとはすごいことですね。

 

 

バターコーヒーの評判は?

 

バターコーヒーの評判

 

バターコーヒーは、シリコンバレーの起業家が考案したということで、アメリカ、そして世界中に広がりました。

 

美しさを求めるセレブたちや、忙しく働くビジネスマンから絶大な人気を集めています。

 

イギリスのボーイズグループ「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイズや、出産後も美しいボディをキープしているジェシカ・アルバなどのセレブたちも、バターコーヒーを習慣にしていると言われています。

 

 

日経電子版で話題に!

 

日経電子版で話題

 

バターコーヒーの人気は数年前から日本でも広がりを見せてきました。

 

日経電子版の2016年12月19日では、バターコーヒーが大きく取り上げられていました。

 

バターコーヒーの生みの親であるシリコンバレーの起業家デイヴ・アスプリーさんの貴重なインタビュー内容が掲載されています。

 

どうしてバターコーヒーが誕生したのか、バターコーヒーの驚くべき効果や魅力などが満載の内容となっています。

 

この内容を見てバターコーヒーのすごさを知った方も多いでしょう。

 

 

「世界の果てまでイッテQ!」に登場!

 

「世界の果てまでイッテQ!」に登場

 

実は2016年9月に放送された日本テレビの人気番組「世界の果てまでイッテQ」でもバターコーヒーが紹介されていました。

 

登山家の貫田宗男さんがイモトさんにバターコーヒーの魅力を熱く語っていました。

 

イモトさんは、朝食替わりに飲んだことで1ヶ月で5.6キロも減ったという貫田さんの話を聞き、衝撃を受けていました。

 

さらに、初めて無酸素でエベレストに登った登山家の鈴木昇己先生もバターコーヒーのおかげで、60歳になっても険しい山登りをこなしているという話でも盛り上がっていました。

 

 

ファミマで100万本を売り上げた!

 

ファミマで100万本を売り上げた

 

日本で一気にバターコーヒーブームが盛り上がったのはファミマの影響ではないでしょうか。

 

2017年12月5日に全国のファミリー・マートでバターコーヒーが発売になりました。

 

240ml198円(税込)というお手軽価格でバターコーヒーを味わうことができるということで人気となり、わずか2カ月で100万本を売り上げる大ヒット商品となりました。

 

このバターコーヒー人気はまだまだ続くでしょうね。

 

 

バターコーヒーは何がすごいの?

 

バターコーヒーは何がすごいの

 

アメリカ人起業家が考案したバターコーヒーは、日本でもブームとなっています。

 

その人気ぶりがおわかりいただけと思います。

 

それでは、バターコーヒーは何がすごいのでしょうか。

 

その効果や特徴についてご紹介したいと思います。

 

 

ダイエットサポート効果が期待できる

 

ダイエットサポート効果が期待

 

バターコーヒーを飲んでいる方のほとんどは、ダイエットが目的でしょう。

 

バターコーヒーを考案したデイヴ・アスプリーさんは、バターコーヒーを飲み続けてダイエットをしたところ、マイナス50kgの減量に成功したのです。

 

痩せたいのに、なぜわざわざコーヒーにバターを入れて飲むの?と思う方も多いですよね。

 

バターコーヒーとダイエットの関係についてご説明していきたいと思います。

 

ダイエットを成功させるためには、朝食がとても重要だとされています。

 

ダイエットのために朝食を抜いたり、パンだけ食べたり、量を減らしたりしている方もいるでしょう。

 

しかし、これは正しいダイエット方法とは言えません。

 

 

ダイエットに大切なのは朝食

 

人間の体は、活動している昼間は体温が高く、寝ている間は体や脳を休めるために体温が低くなっています。

 

朝起きた時には体温が低い状態なのです。しかし朝食を食べることで体温が上がり、基礎代謝が良くなり、エネルギーを消費しやすい体になるのです。

 

朝食を抜いてしまうと代謝が悪く、痩せにくい体になってしまう恐れがあるのです。

 

ダイエットを成功させるためには、朝食を摂ってエネルギーを消費しやすい体にすることが必要なのですね。

 

 

コーヒーは朝食に最適

 

コーヒーは体に良くないというイメージは過去のものであり、今はコーヒーは健康、長寿に効果的であることが認められています。

 

1日3回コーヒーを飲むことでダイエット効果を高めようという方法もあるほどです。

 

コーヒーに含まれているカフェインとポリフェノールは脂肪燃焼効果が期待できるのです。

 

さらにカフェインは、ご存知のように頭を冴えさせる効果があります。

 

朝にコーヒーを飲むことは、ダイエット効果を高めてくれて、頭もスッキリできて1日をスタートさせることができるのです。

 

しかし朝の空腹状態のところにコーヒーを飲んだだけでは、すぐにお腹がすいてしまいます。

 

10時のおやつを食べることになってしまうでしょう。

 

朝食にコーヒー1杯だけというのはちょっと難しいですね。

 

 

バターの効果で朝コーヒーダイエットが実現できる

 

朝コーヒーを飲むことで、頭が冴えてダイエット効果も期待できます。

 

しかし、コーヒーだけでは必ずお腹がすいてしまいます。

 

そこで登場するのがバターなのです。

 

バターの脂肪分を入れることで空きっ腹にも負担にならないマイルドさが生まれます。

 

そして、バターコーヒーに使われているグラスフェッドバターには、脂肪燃焼効果もあるのでダイエット効果を期待できます。

 

さらにバターコーヒーに含まれているMCTオイルには満腹感を得られる効果があるので、間食をしてしまう心配がなくなるのです。

 

このバターとオイルの効果で、朝食をコーヒーに置き換えることが可能になるのです。

 

朝食のカロリーをカットしながらも、たった1杯とは思えないような満腹感、そして脂肪燃焼効果を得られるので、空腹感に耐える苦労もなく、間食をしてしまう心配もなく、ダイエットを続けられるというわけなのですね。

 

低カロリーの朝食を作る手間がかからずに、コーヒー1杯で済むというメリットもあります。

 

忙しい朝にはとても嬉しいことです。

 

これも長続きできるポイントですね。

 

 

バターコーヒーのダイエット方法について

 

バターコーヒーダイエットは効果がなかった…という人の話を聞く機会がありました。

 

その人は、普通の食生活にバターコーヒーをプラスするだけで痩せると思っていたのです。

 

しかし、これは正しいバターコーヒーダイエットのやり方ではありません。

 

まず朝食の代わりにバターコーヒーを飲むことが大切です。

 

これにより、「朝食のカロリーをカットできる」ことがまず一つのダイエット効果です。

 

さらに、バターコーヒーの効果で満腹感を得ることができて「間食することがなくなる」「昼食、夕食の量も減らすことができる」という効果も期待できるのです。

 

さらに、バターの代謝アップ効果により、「太りにくい体質になっていく」というダイエット効果もついてくるのです。

 

正しいバターコーヒーダイエットの仕組みはこのようになっています。バターコーヒーを飲むだけで、暴飲暴食してもOKというわけではないので注意してくださいね。

 

 

朝からパワフルになれる

 

朝からパワフル

 

カロリーを抑えるために、朝食を抜くダイエッターの方は多いです。

 

また、忙しくて朝食を食べる時間がなくて抜いてしまう方もいるかもしれませんね。

 

そうすると体も頭もシャキッとしないままに、午前中が過ぎてしまいますよね。

 

ビジネスマンにとって、午前中グダグダになってしまうのは致命的ですよね。

 

バターコーヒーには頭が冴える、パワフルになれるという効果があります。

 

集中力、記憶力をアップさせたいという方にも嬉しいコーヒーなのです。

 

考案者のデイヴ・アスプリーさんは、バターコーヒーを取り入れたダイエットを続けたことで、IQ20ポイントアップというすごい結果が出ています。

 

ぼーっとしてしまう朝に、バターコーヒーと飲むことで、頭も体もスイッチが入る感じですね。

 

 

味がおいしい

 

味がおいしい

 

コーヒーは、健康効果、ダイエット効果など期待されているスーパーフードなのですが、ブラックコーヒーは苦手…という方が多いです。

 

砂糖やミルクをたっぷり入れたら飲めるという方もいますが、それでは高カロリーとなり逆効果になってしまいますよね。

 

バターコーヒーはバターのコクと甘みがプラスされるので、とても飲みやすい美味しいコーヒーに仕上がっています。

 

ブラックコーヒーというよりも、カプチーノのような飲みやすさです。

 

またバターやオイルが入っているということで、ギドギドしていて飲みにくそうと懸念する方もいますが、脂っこさはありません。クリーミーになるだけなのです。

 

普通のコーヒーは苦手な方でも、バターコーヒーなら美味しく飲めるかもしれませんね。

 

 

バターコーヒーの特徴は?

 

バターコーヒーの特徴

 

朝食をバターコーヒーに置き換えることで、ダイエット効果、活力を与えてくれる効果があることをご説明してきました。

 

次に、バターコーヒーの理解をより深めていただくために、バターコーヒーの特徴についてご説明したいと思います。

 

 

バターコーヒーはバターが特別

 

バターコーヒーはバターが特別

 

バターコーヒーの特徴はコーヒーではありません。

 

良質なコーヒーであればあるほど良いですが、普通のインスタントコーヒーでも問題ありません。

 

コーヒーよりもバターが重要なのです。

 

バターコーヒーに入っているバターは、グラスフェッドバターという特別なバターなのです。

 

 

グラスフェッドバターについて

 

「グラス」とは牧草、「フェッド」は与えるという意味があります。

 

「グラスフェッド」とは、無農薬の牧草だけで育てる飼育方法のことなのです。牧草だけを食べて、放牧されて自由に育てられた牛のミルクから作られたバターが、グラスフェッドバターなのです。

 

安全性の高い良質なバターなのですね。

 

さらにグラスフェッドバターは、非常に優れた栄養分を含んでいます。

 

普通のバターと同じようにビタミンやカルシウム、カリウムなどの栄養分に加えて、「オメガ3」が豊富に含まれているのが特徴です。

 

「オメガ3」は、脂肪燃焼、脂肪蓄積を防ぐなど、ダイエッターに嬉しい効果がたっぷりあるのです。

 

バターコーヒーの人気のおかげで、日本でも知られるようになってきたグラスフェッドバター。

 

バターの栄養分に加えて、ダイエット効果に優れているということで非常に魅力的なバターなのですが、1つ難点があります。それは購入方法と金額です。

 

グラスフェッドバターは普通のスーパーのバター売り場に並んでいる商品ではありません。

 

高級食材を扱うようなスーパーでは販売されていることもありますが、多くの方は通販を利用して入手しています。

 

そしてなかなかお高いバターです。100g当たり500円〜1,000円くらいの商品が多いです。

 

スーパーで販売されている普通のバターは100g当たり200円〜300円くらいですよね。

 

そのようなバターに比べたら高級感がありますね。

 

 

バターコーヒーはオイルが特別

 

バターコーヒーはオイルが特別

 

バターコーヒーは、コーヒーにバターを入れたものですが、さらにオイルを入れるとこでより効果的になります。

 

そのオイルとは、「MCTオイル」です。

 

 

MCTオイルとは

 

健康志向の方ならご存知の良質オイルだと思います。

 

MCTとは中鎖脂肪酸のことです。

 

中鎖脂肪酸は、普通の植物オイルよりも消化と吸収する力に優れており、エネルギーになりやすいという特徴があります。

 

さらに満腹感を持続させてくれるという嬉しい効果もあるのです。

 

ドレッシングにかけたり、味噌汁に入れたりして摂ることが多いのですが、バターコーヒーに入れるという摂り方も人気となっています。

 

MCTオイルも普通の植物オイルよりも値段が高いというデメリットがあります。

 

スーパーや通販で購入できるのですが、200g、1,500円〜2,000円ほどの商品が多いです。

 

少しお高いオイルではありますが、健康効果やダイエット効果に優れているということで、大人気オイルとなっています。

 

 

バターコーヒーを飲む方法は?

 

バターコーヒーを飲む方法

 

バターコーヒーの特徴であるグラスフェッドバターとMCTオイルについてご紹介してきました。

 

どちらも良質な脂質がすこやかで軽やかな体作りをサポートしてくれることがおわかりいただけたと思います。

 

この話題のコーヒーを飲んでみたいと思っている方も多いでしょう。

 

それでは、どうすればバターコーヒーを飲むことができるのでしょうか。

 

 

バターコーヒーをお店で飲む

 

バターコーヒーをお店で飲む

 

バターコーヒーを飲む方法として、お店に行ってみるという方法があります。

 

東京ではバターコーヒー専門店がオープンして話題になりました。

 

メニューの中にバターコーヒーがあるコーヒー専門店も増えてきています。

 

バターコーヒーブームにより、これから全国のもっと多くのお店で、バターコーヒーが味わえるようになるかもしれませんね。

 

 

バターコーヒーを自分で作って飲む

 

バターコーヒーを自分で作って飲む

 

近所にバターコーヒーを飲めるお店がないという方は、自分で作ってしまいましょう。

 

冷蔵庫にある材料で気軽にできるというレシピではありませんが、自分で好きな時に作って楽しむことできるので良いですね。

 

材料は以下の3つだけです。

 

・コーヒー1杯分(250ml)
・グラスフェッドバター 大さじ1
・MCTオイル 大さじ1

 

作り方もとても簡単です。

 

  1. ドリップコーヒーかインスタントコーヒーを用意する
  2. グラスフェッドバターとMCTオイルを入れる
  3. かき混ぜる

 

基本的にはこれだけの作り方なのですが、より美味しくするための一工夫があります。

 

ただスプーンでかき混ぜるだけでなくブレンダーで拡販すると、よりクリーミーで美味しく仕上がります。

 

ブレンダーがない場合には、100均などで売っているミルク泡だて器で泡立てても良いでしょう。

 

 

バターコーヒーを購入して飲む

 

バターコーヒーを購入して飲む

 

バターコーヒーは自宅で簡単に作ることができます。

 

しかし、グラスフェッドバターとMCTは普通のバターやオイルと比べると高いです。

 

グラスフェッドバターは100g当たり500円〜1,000円くらいになります。

 

それ以上の商品もあります。さらにグラスフェッドバターは普通のスーパーでは売っていないので通販で購入することになります。

 

250g入りの商品だと2,000円〜3,000円に送料がプラスされる感じですね。

 

そこで、おすすめなのがバターコーヒーを購入してしまう方法です。

 

楽天やAmazonなどでは、様々な種類のバターコーヒーが販売されています。同じバターコーヒーではありますが、それぞれの商品に特徴があるので、自分の好きなタイプのバターコーヒーを選んでみるのも楽しいですね。

 

グラスフェッドバターとMCTオイルを購入して作るよりも安上がりになるリーズナブルな商品もありますよ。

 

 

当サイトおすすめは「チャコールコーヒー」 当サイトおすすめは「チャコールコーヒー」!! 当サイトおすすめは「チャコールコーヒー」

 

当サイトおすすめは「チャコールコーヒー」!!

 

今、色々なタイプのバターコーヒーが通販サイトで販売されています。

 

その中から当サイトがおすすめしたいのは「チャコールコーヒー」という商品です。

 

今なら30包入りが20%OFFの1,980円(税別)で購入できます。

 

バターコーヒーの魅力に加えて、特殊製法の低脂肪の「バターパウダー」、デトックス効果のある「活性炭」、マカやアルギニンなどの「エナジー成分」を配合しているところが、チャコールコーヒーの特徴です。

 

さらにおすすめしたいポイントは以下の3つです。

 

 

美味しい

 

とにかく味が美味しいというところが人気となっています。

 

ヤミツキになる味ということで、バターコーヒーがちょっと苦手という方にもおすすめです。

 

 

低カロリー

 

バターコーヒーは高カロリーなものなのですが、このチャコールコーヒーは低カロリーという魅力があります。カロリーを気にしている方でも安心して飲むことができますね。

 

 

ホットもアイスもOK

 

バターコーヒーはホットコーヒーで飲むのが普通なのですが、チャコールコーヒーはホットはもちろん、アイスで飲むこともできるのです。

 

お湯か水にバターコーヒーの粉末を溶かすだけであっという間に出来上がりです。

 

バターコーヒーを飲んでみたいけれど、近くに専門店もないし、食材を揃えて作るのも面倒…という方が、ぜひこのお手軽なバターコーヒーを試してみてください。

 

詳しい記事はこちらから⇒チャコールバターコーヒー徹底検証

 

 

以上、話題のバターコーヒーの魅力についてご紹介してきました。

 

ダイエット効果と健康管理を目的に考案されたコーヒーです。

 

ダイエットを成功させたい方、頭や体を活性したい方におすすめです。

 

運動をしたり食生活を変えることなく、コーヒーを飲むだけという気軽さが魅力ですね。

 

そしてとても美味しいコーヒーなので、楽しく続けることができるでしょう。

 

いつのもコーヒーをバターコーヒーに変えることで、きっと嬉しい効果が出るはずです。

 

お湯や水にサッと溶かして飲むだけのバターコーヒーも販売されています。

 

ぜひトライしてみてくださいね。

page top