バターコーヒー 完全無敵コーヒーの違い

完全無敵コーヒーとバターコーヒーの違いは?それぞれのレシピについて

完全無敵コーヒーとバターコーヒーの違いは?それぞれのレシピについて

 

テレビや雑誌、SNSなどで話題になっているバターコーヒーですが、その情報を見ていると「完全無敵コーヒー」という言葉を目にすると思います。

 

バターコーヒーと完全無敵コーヒーとは違うものなのでしょうか。

 

完全無敵コーヒーとはどんなコーヒーなのでしょうか。

 

ちょっと混乱されている方に向けてご説明したいと思います。

 

 

完全無敵コーヒーとは?

 

完全無敵コーヒーとは

 

「完全無敵」とは、非常にインパクトのある言葉ですよね。

 

どんなすごいコーヒーなのだろうと期待が高まります。

 

実は、完全無敵コーヒーとバターコーヒーは基本的には同じコーヒーのことです。

 

バターコーヒーの考案者である起業家デイヴ・アスプリーさんの著書「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」の中で紹介しているバターコーヒーが完全無敵コーヒーと呼ばれているのです。

 

 

完全無敵コーヒーのレシピとは?

 

完全無敵コーヒーのレシピ

 

考案者のデイヴ・アスプリーさんが紹介している完全無敵コーヒーのレシピは以下のようになっています。

 

材料は以下の3つです。

 

  • 良質な豆で淹れた熱いコーヒー2杯分
  • グラスフェッドバター大さじ1〜2杯(空腹感によって調整する)
  • MCTオイル大さじ1〜2杯(空腹感によって調整する)

 

この3つの材料を合わせて、クリーミーになるまでミキサーやブレンダーでかき混ぜて作ります。

 

これが完全無敵コーヒーの公式レシピになります。

 

 

完全無敵コーヒーは日本人向けではない?

 

完全無敵コーヒーは日本人向けではない

 

完全無敵コーヒーのレシピは、日本人向けのバターコーヒーのレシピとはちょっとだけ違いがありますね。

 

基本的な材料は同じですが、量が多くなっています。

 

 

日本人向けの量に調整する

 

日本人向けの量に調整

完全無敵コーヒーは、アメリカ人体型に合わせて作られているレシピなので、私たち日本人が作る場合には、バターとオイルの量はちょっと少な目に入れると良いでしょう。

 

毎朝コーヒー2杯分にバター大さじ2杯、オイル大さじ2杯を摂るのはちょっとお腹に負担かもしれませんね。

 

レシピにあるように、自分の空腹状態や、体型や体調に合わせて調整してくださいね。

 

 

日本人向けの材料を使う

 

日本人向けの材料を使う

完全無敵コーヒーのレシピは、グラスフェッドバターが必要となっていますが、日本ではなかなか購入するのが難しいバターですよね。

 

そこで、どうしてもグラスフェッドバターが手に入らない時には、ココナッツミルクを代用することも可能です。

 

ココナッツミルクならスーパーなどで扱っていることも多いので、日本人にとっては使いやすいですね。

 

ココナッツミルクを使う場合には、コーヒー1杯+ココナッツミルク大さじ4杯+MCTオイル大さじ1〜2杯の材料で作ってくださいね。

 

 

インスタントコーヒーを使う

 

インスタントコーヒーを使う

バターコーヒー考案者のデイヴ・アスプリーさんは、美味しいドリップコーヒーをベースに使うことにこだわりを持っています。

 

コーヒー好きな方は、もちろん良質なドリップコーヒーを使うとより美味しく出来上がるでしょう。

 

しかし、ドリップコーヒーを淹れる時間がない、それほどコーヒーにこだわりがないという方は、インスタントコーヒーで作っても良いでしょう。

 

日本人のバターコーヒー愛好者の口コミを見ていると、インスタントコーヒーを使っている方も多いです。無理なく続けられる方法で作ってくださいね。

 

 

ここでは、完全無敵コーヒーとバターコーヒーについてご説明してきました。

 

完全無敵コーヒーもバターコーヒーも、コーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを入れたダイエットや健康のためのコーヒーです。

 

完全無敵コーヒーはアメリカ人向けのレシピなので、ちょっと量が多いという特徴がありますが、基本的には同じものと考えて良いでしょう。

 

自分に合ったバターコーヒー作りを楽しんでくださいね。

 


バターコーヒー画像.jpg

バターコーヒー(当サイト徹底解説ページ)
TVや雑誌などで特集を組まれるほど注目度の高い「バターコーヒーダイエット」。海外セレブも注目する「朝の習慣」1杯の香り高いコーヒーが燃焼モードに?当サイトオススメのチャコールバーターコーヒーは累計15,000セットを突破した、活性炭入り。バターコーヒーについて徹底的に解説しています。

page top