バターコーヒー 効果的な飲み方

バターコーヒーは夜食、昼食ではなく朝食の代わり。運動前もOK1日2杯以下が効果的

バターコーヒーは夜食、昼食ではなく朝食の代わり。運動前もOK1日2杯以下が効果的

 

アメリカ発のトレンドコーヒーとして人気を集めているバターコーヒー。

 

朝食の代わりにバターコーヒーを飲むことで、ダイエットが上手くいったり、仕事力アップを実現している方が増えています。

 

話題のコーヒーをライフスタイルに取り入れたいと思っている方は多いでしょう。

 

ここでは、まだまだ知られていないバターコーヒーの飲み方についてご説明したいと思います。

 

 

バターコーヒーはいつ飲むのが良いの?

 

ターコーヒーはいつ飲むのが良い

 

みなさん、いつコーヒーを飲むことが多いですか?

 

朝食に飲む方が多いと思いますが、昼食後や夕方、寝る前に飲む方もいるかもしれませんね。

 

普通のコーヒーについては、あまり飲むタイミングを気にしていない方が多いと思います。

 

しかしバターコーヒーは飲むタイミングが重要なのです。

 

バターコーヒーは、朝、昼、夜の中で朝が最適なタイミングです。

 

昼食後や夜に飲むのではなく、朝食の代わりに飲むと良いでしょう。

 

 

朝食の代わりに飲むのが大切

 

朝食の代わりに飲むのが大切

バターコーヒーは、朝食の代わりに飲むというのがポイントです。

 

朝食後ではありません。

 

つまり、ご飯やパンなどの朝食は食べずに、その代わりにバターコーヒーを飲むのです。

 

これにより、朝食分のカロリーをカットできて、さらにバターコーヒーのダイエットサポート効果や活力アップの効果が発揮されるのです。

 

そしてバターコーヒーには、コーヒー1杯だけとは思えないような満腹感が得られるというメリットがあります。

 

これにより午前中の間食を防げるという効果も期待できるわけなのですね。

 

 

運動前に飲むのもおすすめ

 

運動前に飲むのもおすすめ

バターコーヒーに含まれているカフェインや、グラスフェッドバターには、脂肪燃焼を促進する効果があるとされています。

 

燃えやすい体にしてくれるのです。そのため、運動をする前にバターコーヒーを飲むのもおすすめです。

 

せっかく運動をするなら、その効果をできるたけ高めたいですよね。

 

バターコーヒーはしっかり運動効果を高めてくれるでしょう。

 

 

バターコーヒーは1日何杯まで飲んで良いの?

 

バターコーヒーは1日何杯まで飲んで良いの

 

1日に何杯もコーヒーを飲むというコーヒー好きの方は多いですよね。

 

しかし、バターコーヒーは、普通のブラックコーヒーのように1日に何杯も飲んでしまうと体に良くありません。

 

その理由は、バターコーヒーは高カロリーコーヒーだからです。

 

バターコーヒーは、「高カロリーのバターやオイルであっても、良質なものであれば、ダイエット効果や健康効果を高めてくれる」ことを目的としています。

 

そのため、どうしても普通のコーヒーよりも高カロリーなのです。

 

1杯で200kcl近くになります。

 

朝食と置き換えて飲むことでダイエット効果が高まりますが、飲みすぎたら意味がなくなるのです。

 

バターコーヒーのオリジナルレシピである、完全無敵コーヒーの1日のレシピは2杯分のコーヒーとなっています。

 

1日2杯までなら飲んでも良いということですね。

 

バターコーヒーはとても美味しいコーヒーなので、何杯も飲んでしまいたくなりますが、2杯以上は飲みすぎとなってしまうので気を付けてくださいね。

 

 

以上、ここではバターコーヒーの飲み方についてご紹介してきました。

 

バターコーヒーの正しい効果を得るためには、正しいタイミングや量を守ることが大切です。

 

朝食に置き換える、1日2杯までというルールを守って飲み続けてくださいね。

 

さらにバランスの良い食事や適度な運動も取り入れていくと、さらに効果を高めることができるでしょう。

 


バターコーヒー画像.jpg

バターコーヒー(当サイト徹底解説ページ)
TVや雑誌などで特集を組まれるほど注目度の高い「バターコーヒーダイエット」。海外セレブも注目する「朝の習慣」1杯の香り高いコーヒーが燃焼モードに?当サイトオススメのチャコールバーターコーヒーは累計15,000セットを突破した、活性炭入り。バターコーヒーについて徹底的に解説しています。

page top