バターコーヒーバターコーヒートVSプロテイン

バターコーヒーダイエットVSプロテインダイエットはどちらが良いの?それぞれの効果について

バターコーヒーダイエットVSプロテインダイエットはどちらが良いの?それぞれの効果について

 

バターコーヒーを朝食と置き換えるバターコーヒーダイエットは、効率良くダイエットをサポートしてくれるということで注目されています。

 

ダイエッターには敬遠されがちなバターとオイルですが、良質なものを摂ることで、驚くべきダイエット効果が期待できるのです。

 

同じように食事と置き換えるダイエット方法として「プロテインダイエット」があります。

 

バターコーヒーダイエットとどのような違いがあるのでしょうか。

 

ここでは、バターコーヒーとプロテインを比較してみたいと思います。

 

 

プロテインとは?

 

プロテインとは

 

きれいな体を作りたい、かっこいい体を作りたいという方の強い味方であるプロテインですが、具体的にプロテインとは何なのでしょうか。

 

プロテインは体に欠かせない「タンパク質」を意味します。

 

タンパク質は筋肉をはじめ血や骨、皮膚、髪などの成長に欠かせない三大栄養素の1つです。

 

しかし、食事で十分なタンパク質を摂るのは大変です。1日に必要なタンパク質を摂ろうとすると卵の場合には20個、牛乳は3L以上などの量になります。

 

このような食材はカロリーが高いので、必要なタンパク質が摂れてもカロリーも摂りすぎになってしまうのです。

 

そこで効率良くタンパク質を摂り込むことができるのが、プロテインなのです。

 

筋肉トレーニングのためのホエイプロテイン、毎日のタンパク質を補うためのゼインプロテイン、そしてダイエット効果を高めるためのソイプロテインの3種類があります。

 

 

プロテインダイエットのメカニズムは?

 

プロテインダイエットのメカニズム

食事制限をして摂取カロリーを減らそうとする方は多いですよね。

 

これにより体重は減りますが、同時に筋肉も減ってしまいます。

 

筋肉は、脂肪を燃焼するための重要な役割を担っています。

 

つまり筋肉が減ってしまうと、脂肪が燃焼しにくい体になるのです。

 

太りやすい体質になってしまうわけです。

 

筋肉の源となるのがたんぱく質です。

 

そこで、プロテイン=タンパク質が良い仕事をしてくれるのです。

 

プロテインを食事の一部と置き換えるのがプロテインダイエットの方法です。

 

摂取カロリーを減らしながら、プロテインがタンパク質を補って筋肉のサポートするのです。

 

カロリーを抑えながらも、タンパク質を摂って筋肉のパワーは弱らせないのですね。

 

だから太りにくい体、やせやすい体を導いてくれるのです。

 

 

バターコーヒーダイエットのメカニズムは?

 

バターコーヒーダイエットのメカニズム

ダイエットには不向きとされてきたバターとオイルをコーヒーにプラスすることで、ダイエット効果をサポートしてくれるのがバターコーヒーダイエットです。

 

バターコーヒーダイエットの方法は、朝食をバターコーヒーに置き換えるだけです。

 

バターコーヒーには満腹感を得られるという特徴があるため、朝食を食べなくても午前中のパワーが保てるのです。

 

さらにバターコーヒーに入っているグラスフェッドバターやカフェインには、脂肪燃焼や脂肪を溜めにくくする効果があります。

 

コーヒーと良質なバターとオイルを摂ることでこのようなダイエット効果を得られるのが、バターコーヒーダイエットの仕組みなのです。

 

 

プロテインダイエットとバターコーヒーダイエットの相違点は?

 

プロテインダイエットとバターコーヒーダイエットの相違点

 

それぞれのダイエット効果のメカニズムについてご説明してきました。

 

それでは、プロテインダイエットとバターコーヒーの相違点はどのようなところにあるのでしょうか。

 

 

共通するところは?

 

プロテインダイエットとバターコーヒーダイエットの相違点

ダイエットとは、体重を落とすこと、食べる量を減らすことだと思っていませんか?無理な食事制限することで、一時的には体重が減りすっきりした体になれるでしょう。

 

しかしそのようなダイエットは、普通の食べる量に戻すとすぐにリバウンドしたり、かえって太りやすい体になってしまうのです。

 

そのようなダイエットではなく、正しいものを摂取して太りにくい体作りをすることこそ、本当のダイエットなのです。

 

プロテインダイエットとバターコーヒーダイエットはどちらも、基本的にはこのようなダイエット理論に基づいているところが共通しています。

 

 

異なるところは?

 

異なるところ

プロテインダイエットもバターコーヒーも、食事と置き換えることで、その食事分の摂取カロリーをカットすること、さらにプロテイン、バターコーヒーそれぞれが持つダイエットサポート効果を発揮することを目的としています。

 

しかし、大きく異なるところは、摂取する量とタイミングです。

 

バターコーヒーダイエットは朝食を全く摂らずにバターコーヒー1杯と置き換えるだけです。

 

一方プロテインダイエットは、摂取する量やタイミングを考えながら進めなければいけません。朝にするか、食前にするか、就寝前にするか。

 

パンやごはんと置き換えるのか、お肉や魚と置き換えるのか考えなければいけません。

 

自分で色々な食事コントロールをしながらダイエット効果を高めていきたいという方はプロテインダイエットが合っていますね。

 

しっかりコントロールできれば闇雲に食事制限をする必要がなくなるメリットもあります。

 

一方そのようなコントロールが面倒に思う方は、「朝食を全く食べずにバターコーヒー1杯だけ飲む」という簡単な方法のバターコーヒーダイエットが向いていますね。

 

 

ここでは、バターコーヒーダイエットと比較されることが多い、プロテインダイエットについてご紹介してきました。

 

どちらも無理な食事制限により体重を減らすのではなく、やせやすい体を作っていくことで、本当に軽やかで美しい体を導こうというダイエット方法です。

 

ちょっと複雑なプロテインダイエットに比べると、バターコーヒーダイエットは驚くほどシンプルですね。

 


バターコーヒー画像.jpg

バターコーヒー(当サイト徹底解説ページ)
TVや雑誌などで特集を組まれるほど注目度の高い「バターコーヒーダイエット」。海外セレブも注目する「朝の習慣」1杯の香り高いコーヒーが燃焼モードに?当サイトオススメのチャコールバーターコーヒーは累計15,000セットを突破した、活性炭入り。バターコーヒーについて徹底的に解説しています。

page top