バターコーヒー カロリーや栄養分

バターコーヒーは高いカロリー?カロリーや栄養分、コレステロール値との関係について

バターコーヒーは高いカロリー?カロリーや栄養分、コレステロール値との関係について

 

バターコーヒーは、ダイエットを成功させたい方、健康的な体を維持していきたい方に人気のコーヒーです。

 

しかし、バターは「ダイエット」「健康」のためには逆効果を生んでしまいそうですよね。

 

「バターコーヒーは本当に体の良いの?」と疑問をお持ちの方のために、ここでは、バターコーヒーのカロリーや含まれている栄養分などをご説明したいと思います。

 

 

バターコーヒーはカロリーが高い?

 

バターコーヒーはカロリーが高い

 

バターコーヒーを飲む上で、まず心配になるのがカロリーです。

 

毎日低カロリーを目指してコツコツ頑張っているダイエッターの方にとって、高カロリーな食品は避けたいところです。

 

バターコーヒー1杯(200ml)のカロリーは、約200kcal前後になります。

 

ちなみにファミリーマートで販売しているバターコーヒー(240ml)は157kcalとなっているので、少し低カロリーとなっていますね。

 

インスタントタイプのバターコーヒーなどは、低カロリーに作られている商品などもあります。

 

しかし、バターコーヒーは決して低カロリーではありませんね。

 

ブラックコーヒーなら1杯たったの8kcalです。

 

ミルクと砂糖を入れても約50kcal以下となっています。

 

この高カロリーが原因で、バターコーヒーを懸念する方もいるでしょう。

 

しかしバターコーヒーダイエットは、朝食とバターコーヒーを置き換えるのです。

 

一般的な朝食のカロリーは500〜700kcalとなっています。

 

これを200kcalのバターコーヒーにすると考えると、ダイエット効果は期待できますね。

 

 

バターコーヒーの栄養分は?

 

バターコーヒーの栄養分は?

 

バターコーヒーは高カロリーのコーヒーです。ブラックコーヒー自体は8kcalほどなのですが、バターとオイルがそれぞれ100kcalほどになるからです。

 

バターは確かに高カロリーなのですが、体に嬉しい栄養分がたっぷり入っているというメリットもあります。

 

すこやかな体作りに欠かせないビタミンAや、カルシウムをサポートするビタミンD、若返りのビタミンを言われるビタミンEなどを含んでいます。

 

さらに、体の調子を整えてくれるミネラルも配合しています。

 

このように栄養たっぷりのバターなのですが、高カロリーということで、ダイエッターには嫌われている食材なのです。

 

しかし、グラスフェッドバターには、脂肪燃焼や脂肪蓄積を予防する効果のある「オメガ3」がたっぷり含まれています。

 

この効果によりダイエッターをしっかりサポートしてくれるのです。

 

健康に嬉しい栄養分を含みながら、同時にダイエット効果が期待できるところが、バターコーヒーの魅力なのですね。

 

 

バターコーヒーでコレステロール値が上がる?

 

バターコーヒーでコレステロール値が上がる

 

バターと言えば心配になるのがコレステロール値です。

 

バターはコレステロールを増やしてしまう働きがあるのです。

 

しかし、バターコーヒーのグラスフェッドバターには、コレステロールを正常に維持してくれる作用があります。

 

バター=コレステロール値が上がると心配している方も多いと思いますが、バターコーヒーは心配をするほぼ必要はありませんね。

 

 

ここでは、バターコーヒーのカロリーや栄養についての基本情報をご紹介してきました。

 

バターはダイエットや健康の大敵と思っている方も多いと思いますが、良質な油を摂ることこそ、すこやかできれいな体を導いてくれるのです。

 

朝ごはんをバターコーヒーに置き換えることで、しっかり栄養が摂れて、効率良くダイエットができるのです。

 

まさにスーパーコーヒーですね。

 


バターコーヒー画像.jpg

バターコーヒー(当サイト徹底解説ページ)
TVや雑誌などで特集を組まれるほど注目度の高い「バターコーヒーダイエット」。海外セレブも注目する「朝の習慣」1杯の香り高いコーヒーが燃焼モードに?当サイトオススメのチャコールバーターコーヒーは累計15,000セットを突破した、活性炭入り。バターコーヒーについて徹底的に解説しています。

page top