バターコーヒー どんな効果があるの

バターコーヒーはどんな効果があるの?ダイエット効果や脳の活性化効果まで

バターコーヒーはどんな効果があるの?ダイエット効果や脳の活性化効果まで

 

海外セレブに大人気のバターコーヒーですが、日本でもおなじみのコーヒーになりつつあります。

 

最近はコンビニでも販売されているほどです。

 

バターコーヒーはまさにトレンドコーヒーなのです。しかし、どんな効果が期待できるコーヒーなのかよくわからないという方も多いです。

 

バターコーヒーは「美味しい」だけではなく、嬉しい効果があるコーヒーだからこそ、ここまで人気になっているのです。

 

 

ダイエットサポート効果

 

ダイエットサポート効果

 

バターコーヒーを考案したデイヴ・アスプリーさんは、どうにかして増え過ぎた体重を元に戻したいという想いから、バターコーヒーにたどり着きました。

 

バターコーヒーの一番の効果はダイエットを成功へと導いてくれる効果と言えるでしょう。

 

バターコーヒーダイエットとは、朝食をバターコーヒーに置き換えることです。これにより、朝食のカロリーを大幅にカットすることが可能になります。

 

それに加えて以下のようなダイエット効果も期待できるのです。

 

  • コーヒーのカフェインによる脂肪燃焼効果
  • グラスフェッドバターによる脂肪燃焼効果
  • MCTオイルによる満腹感持続効果

 

コーヒー+グラスフェッドバター+MCTオイルというのは、ダイエッターにとって非常に嬉しい組み合わせなのですね。

 

さらに嬉しいことに、バターコーヒーはとても美味しいのです。

 

罪悪感なくバターのコクを楽しむことができるのが幸せですね。

 

 

脳の活性化をサポートする効果

 

脳の活性化をサポートする効果

 

朝コーヒーを飲むと頭がシャキッとしますよね。

 

また疲れた時にコーヒーを飲むと集中力がアップします。コーヒーのカフェインには頭が冴える効果があるのです。

 

朝食をバターコーヒーに置き換えることで、このようなカフェイン効果を得ることができます。

 

さらに注目したいのがMCTオイルです。

 

MCTオイルは認知症に良いと言われるなど、脳との関係が注目されています。

 

脳の栄養不足をサポートしてくれる効果が認められているのです。

 

脳のエネルギー源はブドウ糖ですが、「ケトン体」が第二のエネルギー源となることがわかってきました。

 

そしてMCT=中鎖脂肪酸には、この「ケトン体」の生成を助ける働きがあるのです。

 

この効果により、今MCTオイルは非常に注目を集めているのです。

 

カロリーを減らすために、昼食を抜いたり、コーヒーだけで済ませる方が多いと思います。

 

しかし、それでは頭がぼーっとしてしまい仕事や家事を頑張れないですよね。

 

バターコーヒーは集中力や記憶力を高める効果もあるので、ダイエットでカロリーを減らしながらも頭は活性されるというメリットがあるのです。

 

また仕事が忙しくて食事をとる時間がないという方にも、バターコーヒーはおすすめですね。

 

毎朝バターコーヒーを飲むことで、仕事のパフォーマンス向上に役立つでしょう。

 

 

以上、バターコーヒーの効果についてご紹介してきました。

 

今トレンドのバターコーヒーには、ダイエットを成功させたい方、仕事を頑張りたい方に嬉しい効果を与えてくれることがおわかり頂けたと思います。

 

何と言ってもバターコーヒーは美味しいので、無理なく続けられるのが嬉しいですね。

 


バターコーヒー画像.jpg

バターコーヒー(当サイト徹底解説ページ)
TVや雑誌などで特集を組まれるほど注目度の高い「バターコーヒーダイエット」。海外セレブも注目する「朝の習慣」1杯の香り高いコーヒーが燃焼モードに?当サイトオススメのチャコールバーターコーヒーは累計15,000セットを突破した、活性炭入り。バターコーヒーについて徹底的に解説しています。

page top