バターコーヒー 副作用はある?

バターコーヒーに副作用はある?気になる症状について

バターコーヒーに副作用はある?気になる症状について

 

バターコーヒーは、ダイエットを成功させたい方、健康な体作りをしたい方をサポートしてくれる効果的なコーヒーです。

 

スーパーフードとして世界中で注目を浴びているのです。

 

しかし、一部の方の意見ではありますが、便秘になった、胃もたれがした、太った…などの症状に困ったというコメントも見つけました。

 

バターコーヒーを飲むことで、副作用のようなものが出ることはあるのでしょうか。しっかり確認しておきましょう。

 

ネット上で確認できた「便秘」「下痢」「胃が痛い」「胃もたれ」「頭痛」「ニキビ」「太る」について検証してみたいと思います。

 

 

バターコーヒーは便秘や下痢になりやすい?

 

バターコーヒーは便秘や下痢になりやすい

 

バターコーヒーを飲んで便秘や下痢になるなどのお腹のトラブルが起きてしまったという方がいます。

 

下痢の原因として考えられるのは、バターコーヒーのバターに含まれている脂質を摂りすぎているということです。

 

脂質は摂りすぎると消化しきれない脂肪分が腸を刺激してしまい、下痢になってしまうのです。

 

1日に何杯も飲むとこのような下痢を引き起こすこともありますので、飲みすぎには気を付けたいですね。

 

逆にバターコーヒーを飲むことで便秘気味の方がすっきり出るようになるということもあります。

 

便秘になりやすいことはありませんので、便秘になってしまったという方は、バターコーヒー以外に便秘の原因があったのかもしれませんね。

 

 

バターコーヒーは胃もたれや胃が痛くなりやすい?

 

バターコーヒーは胃もたれや胃が痛くなりやすい

 

バターコーヒーを飲むと、胃もたれがしたり、胃が痛くなりやすいという方がいます。

 

これも脂質の摂りすぎが原因の1つとして考えられます。

 

脂質は摂りすぎると、消化に時間がかかり、胃に負担がかかってしまいます。

 

これにより、胃に違和感があったり痛くなるなどの症状が出ることもあるのです。

 

揚げ物や脂っこい料理を食べすぎると、胃もたれがしますよね。

 

これと同じことが言えるのです。

 

さらに、コーヒーに含まれている成分にも胃痛の原因があるかもしれません。

 

コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールの1種が含まれています。

 

これは、胃酸の分泌を活発にする働きがあり、その胃酸が胃の粘膜を刺激してしまうのです。

 

しかし、バターコーヒーを飲みすぎなければ、コーヒーやバターが胃に負担をかけることはないので、心配することはないでしょう。

 

 

バターコーヒーは頭が痛くなりやすい?

 

バターコーヒーは頭が痛くなりやすい

 

バターコーヒーを飲むと、頭痛がするという方がいます。

 

これはコーヒーのカフェインが関係していると考えられます。

 

頭痛には、片方のこめかみあたりがズキズキする「偏頭痛」と、頭全体を締め付けられたように痛む「緊張型頭痛」があります。

 

カフェインには血管を収縮する働きがあり、偏頭痛の痛みを軽くしてくれる効果があるとされています。

 

しかし、緊張型頭痛の場合には、かえって痛みをひどくしてしまう可能性があるのです。

 

バターコーヒーを飲むことで突然頭痛が起きることはありませんが、緊張型頭痛の時にバターコーヒーを飲むと、頭痛がひどくなるかもしれないのですね。

 

 

バターコーヒーはニキビ肌になりやすい?

 

バターコーヒーはニキビ肌になりやすい

 

バターコーヒーを飲むと、ニキビがひどくなるという方がいます。

 

これは、ニキビの大敵であるバターが関係していると思われます。

 

脂肪分を過剰に摂取すると、皮脂分泌のコントロールが乱れがちになることから、ニキビ肌になりやすいとされています。

 

バターコーヒーに入っているバターは非常に良質なバターなのですが、摂り過ぎると脂肪分の過剰摂取になってしまうのですね。

 

 

バターコーヒーは太る?

 

バターコーヒーは太る

 

バターコーヒーはダイエット効果を高めるコーヒーのはずなのですが、逆に太ったという方もいます。

 

これはちょっと驚きだったのですが、理由は単純でした。

 

バターコーヒーダイエットは、朝食をバターコーヒーに置き換えるダイエット方法なのですが、それをしていない方が多いのです。

 

普通の朝食に後にバターコーヒーを飲んでいるのです。

 

これではただ摂取カロリーを増やしているだけになるので太るのは当たり前です。

 

バターコーヒーを飲む代わりに朝食を食べないことで、摂取カロリーを抑えて、バターコーヒーのダイエット効果を得ることができるのです。

 

バターコーヒーの朝食置き換えダイエットをしっかり守っていれば、太るという心配がないので安心してくださいね。

 

 

以上、バターコーヒーの口コミの中で見つけた副作用についてご説明してきました。

 

お腹のトラブルや胃のトラブル、頭痛やニキビなどの症状が出てしまうという方がいますが、それはバターコーヒーを摂りすぎていることが原因です。コーヒーやバターは摂りすぎると体に良くない効果が出ることもあるのです。

 

これはどんな食材にも言えることですよね。正しい量を摂取して、正しいバターコーヒーの効果を得るようにしてくださいね。

 


バターコーヒー画像.jpg

バターコーヒー(当サイト徹底解説ページ)
TVや雑誌などで特集を組まれるほど注目度の高い「バターコーヒーダイエット」。海外セレブも注目する「朝の習慣」1杯の香り高いコーヒーが燃焼モードに?当サイトオススメのチャコールバーターコーヒーは累計15,000セットを突破した、活性炭入り。バターコーヒーについて徹底的に解説しています。

page top